ビ-イングの出来事★
by hst_nobu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
症例
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
☆HSTi 情報☆
HSTI骨格調整法★
http://www.hstp.org/

調整法の動画♪
http://www.hstp.org/core_demo/core_demo.html
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:イチロー ( 1 ) タグの人気記事

★イチローとベートーベン★

こんにちわ
のーぶです★


この前イチロー胃潰瘍になって、

テレビでインタビューを受けていました。
そこで、こんな発言をしていました。

『胃潰瘍になってよかった。』
『体は異常なとき信号を出しているものだから』
『自分もその信号に気づけてうれしい』


すごくないッスか?

いろいろすごいんですが。

今年も前人未到の何年か連続200安打が期待されるイチロー選手!!
何試合か欠場で、記録が危ぶまれるんですが・・・・・・


こんな発言


やっぱり体が大事なんです。

どんな記録や仕事をこなすにも、
結局、1番は体が好調じゃないと、
いい結果が得られないかもしれません。

超一流の選手が、
記録よりも自分の体を大事にしてることがわかる瞬間でした。



それと、ほんと前向きですね。
ぼくら骨格調整士として、体の不調は、信号で
それに気づけたことは、とてもラッキーとわかるんですが。

まさかイチローがその言葉を言うなんて・・・
ほんとに前向きです。

体の不調を

ならなければよかったのにとか・・・
あんなことしたから・・・とか


起こった現象に否定的ではなく。
起こったことをプラスに転換してしまう


やっぱりイチローはすごいです。


そして、もうひとり

ベートーベン

比嘉先生に、ベートーベンを薦められて聞くようになりました。
1~9までの交響曲があって、いろいろ聴いたんですが、

僕は交響曲第9の『合唱』の歓喜の歌が好きです。

なぜすきなのか?

ベートーベンは、26歳に聴覚を失い
40歳から体調が悪くなったそうです。
そんな中でできたのが、
交響曲第9番です。

そんな体がボロボロのなか『歓喜の歌』をつくったんです。

耳は聴こえない、体は不調なのに・・・・・・・歓喜って

すごい感謝が見えたんだとおもいます。
そんな中でしか見えない、感動の気づきがあったんだとおもいます。

ベートーベンの時代から見れば
今僕らがいる時代は、とても恵まれています。
その時代のことや、ベートーベンのことを想いながら。
歓喜の歌を聴くと。

命のバトンを絶やさずリレーしてくれた過去の人たち
すべてに感謝を感じます。

だから今こうして自分がここにいる。
すべてのおかげさまでここにいる。


光いっぱいの世界にさらに!!太陽が射し込んでくるイメージです。

これでもか!これでもか!って感じ



『そりゃ~歓喜だよ』  って言う

の~ぶ的なベートーベン第九の四楽章の聴き方でした。



見る人が増えればもっとHSTiが広まる
1クリックですべてに貢献できる★
人気ブログランキングへ
[PR]
by hst_nobu | 2009-05-09 17:34